建物診断研究所
 
建物診断研究所 事業内容
HOME  事業内容   建物/調査・研究・診断
建物/調査・研究・診断
   

「KUMONOS」によるひび割れ調査

KUMONOS   クラックゲージ

KUMONOSとは、離れた場所から外壁のひび割れを計測することができる光波測量器です。光学式40倍の望遠レンズにクラックゲージが内蔵されており、ひび割れの位置、形状、幅を対象物に触れることなく計測することが可能です。

「赤外線サーモグラフィー法」による浮き調査

赤外線サーモグラフィー   赤外線サーモグラフィーによる浮き調査

赤外線サーモグラフィー法とは、測定対象物表面の温度分布から、内部欠陥(浮き)の有無を診断する手法です。太陽光線より受けた熱分布は一定に伝播していきます。しかし、浮き漏水などが発生している場合、伝播を妨げることから温度差(漏水個所は低温を示す)を生じることになります。


「スケッチからCADへ」~劣化の見える化~

機器計測の正確なデータを基に劣化を集約したCAD図の作成をします。
従来、スケッチでの曖昧なものから正確なCAD図にすることで、視覚的に劣化の状況を確認することができます。


スケッチからCAD化へ
次のページへ